10.DAZStudio 注意書き

DAZ StudioのキャラクターをiCloneに移植する際に関係しそうな注意書きをまとめておきます。

大部分の事柄を、「操・活・解」のKotozoneさんに教わりました。

 

(1) DAZ Studioを始めるにあたって、一番注意すべきこと

使用するデータや保存先のパスに日本語などの2バイト文字が入っていると正常に動作しません。そのため日本語のWindowsユーザー名や日本語名のフォルダなどを使わないようにするのが鉄則になっています。 出力するフォルダーも日本語のフォルダ名を介していると何も出力されなくなります。 

 

(2) Decimatorの追加について

Decimatorはポリゴン数を減らすために使います。

既にインストールされた状態で、購入後シリアルコードを入力することで使えるようになります。メインメニューのHelp>About Installed Pluginsから入力できます。シリアルコードはDAZのMy AccountのMy Serial Numberの所に表示されています。

 

(3) Texture Atlasを表示させる方法

Texture Atlasは画像の解像度を下げるために使います。

これは、Pro版のプラグインの一つなので、そのまま使えます。 Texture Atlasを呼び出すメニューはDS4の初期レイアウトである「Hollywood Blvd」にはありません。「City Limits」レイアウトに変更するか、自分で追加するかしないといけません。 DS4のレイアウトやメニューのカスタマイズ方法はKotozoneさんの次の記事をご参照下さい。 

 

DS4でのレイアウトのカスタマイズ

 
アプリケーションのインストールフォルダ/docs/Plugins/Product Lists内にPDFマニュアルがありますので、メニューの位置以外は参考になります。  

 

前のページへ                                             次のページへ