本当の話

「新妻の料理」

女医さんと結婚された新婚ホヤホヤの先生に聞いた話です。
よく稼ぐ女医さんだそうなので、さぞかし毎日御馳走を食べさせてもらっておられると思っていたのですが…。
日曜日に二人で、大鍋にカレーをいっぱい作り、7等分してタッパーに入れて、6個を冷凍庫で保存し、炊飯器で
焚いた7日分のご飯も6日分は冷凍庫へ入れて保存。毎日これを電子レンジでチンして食べるんだそうです。
カレー以外のサラダやスープとかは出ないのですかと聞くと、出ないとのこと。大変ですね、というと、さらに
大変なのは、次の日曜日からハヤシライス7日間が始まることだとおっしゃってました。

 

「ボーイズリーグでの試合中」

ボーイズリーグでの試合中。
相手チームのピッチャーのピッチングが悪くてなかなかストライクが入らなかった。
業を煮やしたキャッチャーがマウンドに行くと、いきなりピッチャーに回し蹴り。
相手チームの監督がびっくりして「蹴るのはやめとけ、試合中やぞ。親が見とるやな
いか〜」と大声でたしなめていた。


「郵便ポスト」

京都に住んでいた頃、我が家の門の前にちょっとリッチな郵便ポストを父さんが取り付けました。
前の通りを歩いていた他所のお爺さんが「これはポストですか」と尋ねたので、父さんは「はい、ポストです」と
誇らしげに答えました。
翌日から知らない人から知らない人宛の郵便物がこのポストに入れられるようになりました。
公共のポストだと思われたようです。
父さんは「あ、またや」と愚痴をこぼしながら、せっせと本物のポストに入れに行っていました。


 

「駅で食パンを食べる人」

 

駅で食パンを食べながら歩いている人に出会いました。
片手に一袋のっけていて、袋の口は開いたまま。
パンは、4枚切り位の分厚さでした。
バターも何も塗ってなかったです。
全部食べるのかなと思いました。まで見た事がない光景だったので印象に残りました。