14. Unity素材をiCloneに移植する方法

[UnityのPropをiCloneに移植する方法]

例として「Japanese Otaku City」(http://www.zenrin.co.jp/product/service/3d/asset/)の移植を取り上げます。

1 Scene OBJ Exporter(https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/22250)をダウンロードしてUnityに入れておく。
2 Japanese Otaku Cityを入れたUnity Projectを新たにつくる。
3 Japanese Otaku Cityの中のPQ_Remake_AKIHABARA(秋葉原の町並みです)

 をヒエラルキーにドラッグ&ドロップする。
4 これをクリックして、どこか適当なフォルダーにWavefront Object形式を選んで

 エクスポートする。
 「.obj形式」と「.mat形式」の2個のデータだけが書き出されます。
5 「2」でつくったProjectフォルダーの中で、テクスチャを含んでいるフォルダー

 を探す。
 今回は以下のフォルダーにテクスチャのpng画像が入っていました。
 Assets/ZRNAssets/005339_08932_25_14/Texture
6 この「Texture」フォルダーの中に「4」で書き出された「.obj形式」と「.mat形

 式」の2個のデータを入れる。
7 3DXchangeで「6」の「.obj形式」のデータを選択して取り込む。
 取り込んだ直後は、ほとんどのテクスチャが透明になっているので、わずかしか

 見えませんが、「全て選択」して「自動スムーズ」処理をしておきます。
8 『素材」の「素材を選択」から素材を1個ずつ選んで透明度の調節をする。
 ガラスなどは半透明にしますが、たいていの場合は、不透明にします。
 透明度の調節は、iCloneで透明度を調節してもいいです。iCloneに移送してから

 の方が、テクスチャの数が減る場合もあります。

★テクスチャの数が多いと、8の作業に結構、時間がかかります。
 テクスチャを1個ずつではなく、まとめて不透明にする方法があれば、どなたか

 教えてください~
 複数のテクスチャを選択して一気に不透明にはできない仕様になっているような

 のですが、裏技があればいいのにな~と思っています。

★なお、Hong Kongという素材の場合は、テクスチャは

 Unity Project/Hong Kong/Textures and Shadersというフォルダーの中に入っ

 ていました。素材によってテクスチャが入っているフォルダーが違うので、探さ

 ないといけません。

下の画像は、iCloneに移植したJapanese Otaku Cityです。

[UnityのキャラクターをiCloneに移植する方法]

 例として「Red Samurai」(https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/4331)の移植を取り上げます。

1 Red Samuraiを入れたUnity Projectを新たにつくる。

2 このフォルダーの中のAssets/Character Packの中のFBXファイルを探す。

 samurai_animation_ok.FBXというのがあったので、これを3DXchangeで開い

 てボーンマッピングする。

3 iCloneにエクスポートし、2のCharacter Packの中にある「Texture」フォルダー

 のテクスチャをつける。

 

添付画像は、iCloneに移植したRed Samuraiです。
Facial Animationはさせられませんでした。

前のページへ                                             次のページへ